ビットコイン積立おすすめ取引所3選 理由(個人的)とメリット紹介

ビットコインを積み立ててコツコツ資産を増やしたいな。

 

ハニ子
ビットコイン暗号資産(仮想通貨) 積立を始めれば、放ったらかしで資産運用ができますよ。

 

ビットコイン購入が無事完了し、さあこれからどんどん増やしていきたいところですよね。

しかし暗号資産(仮想通貨)は値動きが激しく「高値で買って安値で売る」なんて技は、プロでも難しいのです。

資産運用したいけれどパソコンやスマホに張り付いてチャートなん見ていられない(見ても分からない)という人は暗号資産(仮想通貨) 積立を始めましょう。

 

● ビットコインを買い増ししたいけど、どのタイミングで買ったらいいのか分からない。
● 積立をやりたいけど、どこの取引所がいいのか知りたい。
● 長期的にビットコインを増やしたい。
● とにかく放ったらかしで資産運用したい。
● チャートを見て上昇していたら大量に買いたくなってしまう。
● チャートを見て下がっていたら怖くて売りたくなってしまう。

 

このような人は、定期的に購入する暗号資産(仮想通貨) 積立がおすすめです。

 

ハニ子
「もう少し下がったら買おうかな」「いや、今買っておいた方がいいかも。。?」と悩むことなく自動購入でスッキリです!

 

● 少額から始められるので取り組みやすい
● 放ったらかしでビットコインが積み立てられる
● 専門知識や技術は不要なので初心者にもできる
●リスクを分散できるので長期的にプラスになりやすい

 

暗号資産(仮想通貨) 積立ができる取引所はこちら↓

 

積立って解約とかできるの?デメリットもあるんじゃない?

 

ハニ子
やめたい時にいつでも「解除」「削除」すれば、手数料なしでやめられます。

 

● 短期で大儲けしたい人には向かない
● 一時的に損することもある
つみたて暗号資産-ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン
参照:つみたて暗号資産(GMOコイン)

 

ハニ子
もし、2020年から2年間月1万円を積み立てていたら約300,000円プラスになっていたってことです!
今回の記事では、暗号資産(仮想通貨) 積立のメリットとデメリットとおすすめの取引所3つをご紹介します。
↑のシミュレーション結果を見れば「やった方がいい」のは確実なんですけどねっw

ビットコイン 暗号資産(仮想通貨) 積立とは?

ビットコイン 積立

 

「ビットコイン 暗号資産(仮想通貨) 積立」とは。

まぁ、そのまんまなのですが、ビットコインを定期的に任意の金額で買い付けて行く投資方法です。

投資信託にもありますよね、つみたてNISAとか。

ビットコインも積立で購入するサービスがいくつかの取引所で提供されていて、「ビットコインを購入した次のステップ」として始める人が増えています。

定期的に自動的にビットコインを買い付けるので、メリットもあればデメリットもあるんですよ。

×短期で利益を出したい人
◎コツコツ長期的に運用したい人

 

ますは大前提は「長期的に運用」したい人向けであることです。

 

ビットコインは「ガチホ」が鉄則っていうから、長期的に運用したいな。

 

ハニ子
そうですね。短期間で売買して利益を出すのは、プロでも難しいからね。

 

暗号資産(仮想通貨) 積立を始める前に、メリットとデメリットを予習しておきましょう。

正直、デメリットは特にはないんですけど、念のため!

ビットコイン 暗号資産(仮想通貨) 積立のメリット

 

それではまず、暗号資産(仮想通貨) 積立のメリットからみていきましょう。

● 少額から始められるので取り組みやすい
● 放ったらかしでビットコインが積み立てられる
● 専門知識や技術は不要なので初心者にもできる
●リスクを分散できるので長期的にプラスになりやすい

 

少額から始められるので取り組みやすい

スタートの金額は取引所ごとに違いますがビットフライヤーなら1円から積み立てOK。

定期預金やiDeco(イデコ)もやってて、そんなに多く積み立てられないから助かるわね。

まあ、さすがに1円を積み立てても面白みがないので1,000円~1万円くらいの範囲で始める人が多いようです。

金額はいつでも増減できるのでまずは半年続けてみましょう

放ったらかしでビットコインが積み立てられる

せっかくビットコインを買ったのだから、毎日チャートを見て楽しみたいですよね。

でも、これは人によって良し悪しで、値動きの激しさに疲れてしまって投資を止めてしまう人もいるのです。

純粋に上がり下がりを楽しんだり「本格的に暗号資産(仮想通貨)を勉強しよう」という人は良いのですが「心配で仕事が手につかない」という思考におちいりがちの人は、月に1回程度にとどめておいた方が良いでしょう。

 

ハニ子
私はこのブログを始めたので最近は毎日見ていますが、初めのころは怖くて見ていませんでした。

専門知識や技術は不要なので初心者にもできる

購入するタイミングを自分で判断してスッポット買いするのも悪くはありませんが、「その内勉強するから、とりあえず今は損をしない程度に買っていきたい」という人には自動で購入できる積立はおすすめです。

自分で決めるのは購入期日と金額だけなので、あとは運任せに近いかもしれませんが長期的に見るとプラスになるのが期待できます。

投資なのできちんと勉強した方が良いですが、少額から始めれば勉強しながら資産を増やせますね。

リスクを分散できるので長期的にプラスになりやすい

もし高値で10万円分買ってしまって、翌日からどんどん下がり始めたら、、、

仕事が手につかなくなってしまいますね。

同じ10万円でも毎月1万円×10回で購入すれば、高い時もあれば安い時タイミングで購入できるチャンスも増えるので平均化すると購入費用を抑えられる可能性が高いのです。

 

投資で良くいわれるドルコスト平均法のことね。

 

ハニ子
そうそう。購入のタイミングをずらすことで、高値で買ってしまうリスクを減らし、安値で購入するチャンスを増やすってことですね。

 

ビットコイン 暗号資産(仮想通貨) 積立のデメリット

積立のデメリットは、大きく言うと1点だけです。

短期で大儲けしたい人には向かない

運よく初めに買ったビットコインが急上昇しても、元手が少額だった場合はそれほど利益は出ません。

積立のメリットは「長期運用でコツコツ利益を出す」所なので、短期で結果を出したいのなら一発勝負で「ここだ!」のタイミングで頑張って買い付けた方が良いでしょう。

一時的に損することもある

積立なので相場が高かろうがなんだろうが、申し込み時に設定した期日に設定した金額分のビットコインを購入します。

もしかしたら積立を始めた第一回目が最も高い時かもしれません。

でも、続けていけば安いタイミングで買える時もありますし、今は高値でも来年はもっと高値になっている可能性があるのです。

 

ビットコイン 暗号資産(仮想通貨) 積立 おすすめの取引所

ビットコイン積立を始めるなら、次の3社がおすすめです。

理由と共にご紹介します。

Coincheck(コインチェック)

ビットコイナーのほとんど全員といっていいほど口座開設しているコインチェック。

私も2017年に初めてビットコインを購入した時に開設しました。

積立投資とレンディング(仮想通貨の貸し出し)、不定期でキャンペーンをやっているのでここの口座開設はマストかと。

● Coincheck つみたて
● 月々1万円から
● 月1/毎日

bitFlyer(ビットフライヤー)

別記事にも書いていますが、ビットフライヤーのお気に入りなところは「買い物やサービスの利用でビットコインがもらえる」ところです。

日ごろ利用している楽天Yahoo!、カードを作るときなどにビットフライヤーを経由して利用すると購入金額の0.6%~(率はサービスによって異なります)のビットコインがもらえます。

結構楽しみです。

積立投資とレンディング(仮想通貨の貸し出し)、不定期でキャンペーンをやっているのでここの口座開設はマストかと。

● かんたん 積立
月々1円から
● 月1/毎日/毎週/隔週

 

GMOコイン

こちらはコインチェックやビットフライヤーよりも後発の取引所なので、キャンペーンが豊富です。

2022年4月4日時点では暗号資産の購入で毎日10人に1,000円が当たります。

購入金額はいくらでも対象になるので、なかなか確率良いですよね。

500円×毎日 の設定で当選するか⁈

ここの取引所はまだアクティブに使用していないのですが、日本円の出金手数料が無料なところが魅力です。

これから使用頻度が増えると思います。

● つみたて暗号資産
500円から
● 毎日、毎月10日

 

ビットコイン 暗号資産(仮想通貨) 積立 をコツコツ始めましょう

iDeCoを紹介された時も思ったのですが、やはり積立は早い時期に始めた方が貯まるし増えます。(当たり前ですね)

この春から暗号資産(仮想通貨)を始めた人、始めようとしている人は積立も一緒にスタートさせることをおすすめします。

理由は、もう一度載せておきますね↓

 

つみたて暗号資産-ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

 

ハニ子
2年間月1万円の積立で、300,000円増えるなんて。。2020年の私に教えてあげたい。。